株式会社ハインは24時間、365日、エレベーターの安全確保に努めております。 株式会社ハイン
HOME >> エレベーターリニューアル

ハインエレベーター

老朽化したエレベーターは、安全性の低下だけでなく故障部品の調達や復旧に時間がかかるなどが想定されます。

建物の寿命に合わせて、適切な時期にエレベーターの入れ替え工事をおすすめいたします。

リニューアルで、安心・安全で快適な空間を

当てはまるものはありませんか?

部品供給の不安

各メーカー、保管保証期間を過ぎている(部品供給停止)ものもあり、即時対応が困難なケースもあります。

停止時間の増加

経年により複数の要因による故障などで、停止時間が長期化する可能性もあります。

新基準への不適合

所有者は、安全基準の改訂により、より安全性の高いエレベーターに改善する義務があります。

安全性・品質の劣化

段差や、スタートショックが増大し、乗り心地が悪くなってきます。経年劣化により、電気的・機械的な不時の故障が多発する可能性もあります。

意匠の老朽化

キズや汚れなどが目立ち、ビルのイメージ低下につながります。

停電による閉じ込め

地震や停止でも安全に乗客を守ります。現在では不可欠の装置です。

ハインエレベーター

一般的にエレベーターの製品寿命は25年〜30年とされ、高度経済成長期の1970年前後に設置されたエレベーターは今、寿命期を迎えています。老朽化したエレベーターは、安全性の低下だけでなく故障部品の調達や復旧に時間がかかるなどが想定されます。

エレベーターの2012年問題の詳細はこちら

お問い合わせ
Copyright (C) 2003-2014 エレベーターメンテナンス ハインエレベーター Inc. All Rights Reserved.