株式会社ハインは24時間、365日、エレベーターの安全確保に努めております。 株式会社ハイン
HOME >> エレベーター保守点検 >> よくあるご質問

よくあるご質問

ユーザの皆様からお問い合わせいただいた情報、
ユーザの皆様にお知らせしたい情報についてまとめました。

故障や修理での、部品の供給は大丈夫なのですか?
エレベーターメーカーには、競争者に対しても補修用部品を供給する義務があると法律で定められています。(大阪高等裁判所および公正取引委員会より告知)エレベーター保守事業協同組合でも、補修用部品は計画的に在庫されてます。また当社ハイン社内にもちゃんと汎用品や消耗品を中心に在庫されていますので心配ありません。
故障時・緊急時の対応は?
緊急時には通報後数十分以内でかけつけられる体制をとっています。 閉じ込め事故等、緊急を要する場合も安心です。 もちろん、24時間365日いつでも即対応です。
故障時・緊急時の対応は?
どうしてそんなに安く保守ができるのですか?

メーカーは、そこで製造したエレベーターを専門に保守点検し、 他メーカーのエレベーターメンテナンスには対応していません。 私たちはそこに競争の原理を導入し、高品質・低コストのサービスを 提供しています。

メーカー保守とのコスト比較

低コストなのはいいが、メンテナンスの品質の信頼度・信用度は?
官公庁・病院・旅館ホテル・マンション・各事業所などあらゆる分野で信頼をいただき、創業から30年以上活躍しております。
低コストなのはいいが、メンテナンスの品質の信頼度・信用度は?
エレベーター保守事業協同組合とは?

日本全国各地より、当社と同じような全メーカー対応のエレベーターメンテナンス業者が集まり、関東経済産業局長認可(平成14・02・07関東振中第一号)を取得し、東京都に本部を置いて 経営している団体です。 このネットワークにより、業界方針、技術情報交流、また共同受注・共同購買の体制が整っているというわけです。

エレベーター保守事業協同組合

フルメンテナンス契約と点検(POG)契約はどうちがうのですか?

一般的にエレベーターメンテナンス契約には、この2種類の方式が有ります。
フルメンテナンス契約とは、原則的に自然発生の修理や工事が無償になるということです。
修理などに別途費用がかかりません。(例外も有りますが) そのかわり、基本的に毎月の料金を、比較的高額な料金に設定し、その中でまかなう、ということなのです。

点検(POG)契約とは、 毎月の料金はフルメンテナンスに比べ6〜7割程度と安く、 純粋に点検作業費のみの契約です。 修理工事などは、発生したときのみ別途費用がかかります。

エスカレーターも保守点検できますか?
できます。当社は、エレベーター・エスカレーター・小荷物専用昇降機など、昇降機に属するものは、すべて対応しております。
エスカレーターも保守点検できますか?
エレベーターの2012年問題とは?

大手エレベーター製造メーカー各社は、製造中止からおおむね25年以上経過したエレベーターの保守部品の供給を停止すると発表しています。

対象となるエレベーターは2009年から続々と増えており、2012年に部品供給停止の対象となるエレベーターが最も多いことから「エレベーターの2012年問題」と言われています。

エレベーターの2012年問題とは

万一、エレベーターによる重大損害事故が起きた時の補償体制は?
当社は保守点検作業には万全を期しておりますが、万一、エレベーター によって他人の身体・財物に損害を与えた場合、その原因を追求した 結果当社に責任があった場合に備えて、補償するための損害保険が完備されております。

作業中及び引渡後に発生した損害
■対人・対物-1事故につき最高10億円
お問い合わせ
Copyright (C) 2003-2014 エレベーターメンテナンス ハインエレベーター Inc. All Rights Reserved.